人生は予想できない、という前提を持つ

こんばんは。

 

久しぶりの更新です。

 

ここ1ヶ月の間仕事や他のことが忙しく、ブログに没頭できていません。

 

主には仕事のせいだとは思うのですが、

 

謎の頭痛に襲われたり(透明人間が殴っているに違いない)、体調も優れません。

 

だいたい今までの経験から言うと、キャパシティを超えているのだろうと思います。

 

つまりタスクが多すぎる。

 

たとえば、パソコンで色々な作業をすると動きが悪くなりますよね。

 

あんな感じです。

 

今わたしが抱えているタスクは仕事の課題が大小7つ、うち2つは今週が締切。

 

環境が変わった中でこなすのだから、多少無理もかかるよねって話しです。

 

同棲生活はおおむね順調なのですが、とはいえ今までしていないことをしているのは事実です。

 

楽しくても、慣れるまで消費が激しいはず。

 

しかし、いい予定ならまだしも、仕事の納期とかが控えているっていうのは思った以上のストレスです。

 

おやすみで息抜きをしていても、どこか頭の中で考えている。

 

今週で2つ終わるから、少し気が楽になるといいんだけどね。

 

 

※※※※※

 

 

がんばりすぎて、途中で失速する人がいます。

 

私は典型的なそのタイプ。

 

自覚はあるので、かなりセーブするようになってきましたが、まだまだ甘いですね。

 

マラソンで最初から飛ばす人は必ず失敗します。

 

サッカーだって、最初にがんばるとラスト20分は持ちません。

 

今後の対策は、かなり余裕を持って受けようと思います。

 

7割くらいでするのではなく、5割くらいの力で臨みます。

 

今回受けた仕事は、もう半年近く前に受けたもので、当時としては全然余裕でした。

 

(余裕があったから7割くらいの力で取り組んだ)

 

誤算は、引っ越しや結婚などを全く考慮していなかったこと。

 

これらは残りの3割では対応しきれませんでした。

 

正直どうやったって人生なんか予想はできないから仕方がないけれど、

 

「人生何が起こるかわからない」ということを考慮しようと思います。

 

そうあれば、もうすこし早く仕事を進めたり、受ける量を減らせたかもしれません。

 

5割の力で余裕を持ってやれたかもしれない。

 

肝に銘じよう。

 

わたしのキャパは少ない。

 

過信するな。

 

今の仕事を終えたら、それからはゆっくりしよう。

 

5割の力でやろう。

 

倒れないように。

 

好きなことができるように。