快適に暮らすために車椅子の選び方で1番に考えること

快適に暮らすために車椅子の選び方で1番に考えること

To live comfortably. Important things in how to choose a wheelchair.

f:id:flowerwell3t:20180909232909j:plain

 

みなさんこんにちは。ひとり旅から帰った新・ハルです。

 

唐突ですが、みなさんは車椅子に関してどれくらい興味がありますか?

私は職業柄離れることはできないのですが、一般にはあまり知られていないことが多いように思います。

 

今日はリハビリの普及活動も兼ねて、車椅子のことを書きます。

 

 

①この記事で伝えたいこと

・在宅や介護施設では多くの方が、身体に合っていない車椅子に座っている。

・身体に合わせた車椅子に座れば、快適に生活できる。

 

 

そもそも、日本で昔から一般においてある既製品の車椅子(病院やスーパーの入り口などにおいてあるタイプ)は、快適には座れません。

f:id:flowerwell3t:20180909234717j:plain

↑スタンダードなモデル。座面はシートを張っているだけ。

 

何故なら、かつては骨折など怪我をした時に、歩けない方を病院に一時的に輸送する目的で使われていた、いわば担架のようなモノだからです。

 

長時間座ることを想定されていないので、快適でないのも当然ですね。

 

 

 

②車椅子選びが重要な理由は『毎日座るから』

 

歩けなくなった方(特に自力で立つことが難しい方)の多くは、1日のほとんどの時間を車椅子で過ごすようになります。

椅子に座りかえる時間がある方はまだいい方で、大体はベッドで寝る・お風呂に入る・トイレに座る時間を除き、車椅子に座りっぱなしです。

 

車椅子はもはや生活空間そのものなのです。

 

その毎日座る車椅子が、身体の大きさにあっていなかったらどうでしょう?

座り心地が悪かったら、どうですか?

 

合わない靴を毎日履いているようなものです。

合わない服を毎日着せられるようなものです。

 

身体的にも精神的にもとても負担になってしまいます。

 

ですから、ご本人さまに適合した車椅子を選ぶことはとても大切なのです。

座り心地が良いことが、操作性が優れていることが、直接的に快適さにつながるのです。

たかが車椅子と思わず、お金を掛けてでもその人に合わせた車椅子を用意して上げてください。

 

 

 

③車椅子が身体に与える影響

 

身体に合わない車椅子にずっと座っていると、足や背中・お尻に傷ができてしまい痛みが発生します。(褥瘡・床ずれ)

 

すると、身体は痛みを避けようと座る姿勢をずらしたり、無理に傾いたりします。

その結果、身体中の関節が徐々に硬くなってしまいます。(拘縮)

膝や腰が曲がり、ますます動けなくなってしまうのです。

 

また、食事や趣味などの活動にも影響を与えます。

皆さんは傾いた状態でご飯が食べられますか?

 

痛みがあったり、姿勢がうまく整わない状態では、十分な活動ができません。

 

 

 

④車椅子が精神面に与える影響

 

上記の身体以上に、心配なのが気持ちの問題です。

 

常に身体に痛みがあり、しんどい。

しかもそれが治る見込みがないとき皆さんはいかがでしょうか?

 

イライラしたり、不安になったりしますよね。

 

何か活動するどころではありません。

 

だって、起きているだけで、座っているだけでしんどいのですから。

 

このように、気持ちも折れ、寝たきりに近づいて行くのです。

 

 

 

 

⑤車椅子はどのように選ぶ?

 

 

とはいえ、一般の方が車椅子を選ぶのはとても難しい作業になります。

 

対象者はその体格や疾患によって大きく異なります。

セオリーはありますが、最終的には5W1Hのケースバイケース。

環境や予算まで含めた上で、近い将来の変化まで織り込む必要があります。

 

基本的な相談相手としては私たち作業療法士(OT)や理学療法士(PT)をお勧めします。

私たちセラピストは対象者の身体の状態や生活状況、そこから導き出せる将来の予後予測も含めて評価する技術を持っており、ご本人に合った車椅子を選択するノウハウを持っています。

 

また車椅子の技術も年々向上している為、車椅子の業者や福祉用具専門相談員としっかり連携できるセラピストはポイントが高いですね。

それらを見抜くコツとしては、OT・PTの資格に加えて、

福祉用具プランナーや介護福祉専門員(ケアマネージャー)を所持しているかどうかをみると良いでしょう。

 

名刺にそれらの資格が示されていたら大当たり。

良い選択をしてくれるでしょう。

 

 

 

⑥まとめ

車椅子の選び方は、使用者の快適さが1番大切です。

予算や状況が許す限り、オーダーメイドまたは既製品の中でも身体に合うものを検討してあげてください。

選択する際は、業者やセラピストに相談してみてください。

そして私たちセラピストは毎日勉強をして、正しい選択ができるよう、努力してきたいと思います。

 

f:id:flowerwell3t:20180909235615j:plain

 

 自分だけでなく、家族や周りも快適にしよう。

f:id:flowerwell3t:20180909232931j:plain