100%取り組む! ミニマリスト式快眠法

f:id:flowerwell3t:20180906223917j:plain

みなさんこんばんは。

夜遅くまで、Twitterやブログをしていませんか?

確かに、とても楽しいことですが、不眠はあらゆるパフォーマンスを落とします。

 

私自身も最近はTwitterとブログで、少し寝るのが遅くなっています。

なので、改めて基本に立ち返り、睡眠のことをお話しします。

 

 

この記事の要旨

f:id:flowerwell3t:20180906223921j:plain

すべての人に共通だと思いますが、ミニマリストは特に快眠に力を入れます。

今回はミニマリスト式の思考で、寝るための方法をお伝えします。  

 

快眠が大切な理由

f:id:flowerwell3t:20180906223928j:plain

快眠が大切な理由はただ1つ、あなたの好きなことに100%全力で打ち込むためです。

そのためには、やはり体調は整っていた方がいいですよね。

プロスポーツ選手に代表される一流のアスリートは、必ず睡眠を大切にしています。

 

疲れを残さない、快適な睡眠を行うことで、100%あるいはそれ以上のパフォーマンスを出せると思いませんか?

私はプロブロガーなので、しっかり睡眠をとりたいと思います。

 

 ミニマリスト快眠法

f:id:flowerwell3t:20180906223934j:plain

ミニマリスト式に、睡眠を以下の3つに分けて考察します。

 

1.寝室を強調

2.寝るを整える瞑想

3.寝るための食生活

  

1.寝室を強調

f:id:flowerwell3t:20180906223936j:plain

まずは睡眠以外のことをそぎ落とすことで、純度100%の睡眠を目指します。

例えば、寝るために不要なテレビやスマホは隣の部屋に置くようにします。

時計の針の音がきになる方は、時計をのけてもいいし、音の鳴らない電子時計を用意してもいいでしょう。

 

とにかく、寝るためだけの場所を作ります。

 

 

2つ目に、快適な寝具を用意します。

これは、実際にホームセンターなどに行って、試して寝るのをお勧めします。

自分の好きな肌触り、固さ、厚さ、寝比べて改めてわかることがあります。

私の場合は固めのマットレスに、タオル地のカバーをかけて、柔らかい掛け布団を敷いています。

また、最近流行っているまくらのオーダーメイドもお勧めです。

プロのフィッターが作ってくれる、自分だけの枕。

その響きだけで3日間くらい眠れそうです笑

 

3つ目は寝間着。

寝具と同様に大切です。私は締めつけがあまり好きではないので、冬はモコモコのパジャマからゴムを抜いて使っています。夏は一時裸族(‼︎)の時もあったのですが、汗が不快なので吸水速乾性の素材のエアリズムに落ち着きました。

自分の好みにあった寝間着を探して見ましょう。

 

2.寝るを整える瞑想

f:id:flowerwell3t:20180906223938j:plain

呼吸や思考を整えることも、快眠には大切です。

 

最近は瞑想にはまっています。

 

簡単なのは自分の決めたキーワードを唱える瞑想です。

 

 3.寝るための食生活

f:id:flowerwell3t:20180906223941j:plain

食生活にも気をつけましょう。

寝付きに良いとされている食べ物はたくさんありますが、私が実践している3つを紹介します。

まずは有名なホットミルクです。おばあちゃんの知恵袋で教わった人も多いかもしれませんが、化学的にも証明されています。

牛乳に含まれている乳糖が空腹感を解消して眠りやすくなるのだとか。

ほんの少しお砂糖を入れるとモアベターですね。

 

2つ目はキウイ。

セロトニンという落ち着く物質が脳の中で作られます。

半分にカットしてスプーンで食べられるので、皮むき不要のお手軽さが私的にも大好きなフルーツです。

 

3つ目は大豆。

トリプトファンが豊富な食材大豆。先のセロトニンを作るための物質です。

こちらも、サラダ大豆やひややっこなど、簡単に食べられるのでお勧めです。

私も小さな6個綴りのお豆腐を夕食に毎日食べています。

 

まとめ

f:id:flowerwell3t:20180906223944j:plain

いかがだったでしょうか?

全体を決めるのは細部から。

大好きな趣味に100%打ち込むため、あるいは仕事を効率よく終わらせるために快眠はとても大切です。

 

寝るためにも全力を尽くして、快適に暮らしましょう🎶

 

 

 次はこれを読みたいと思っています。

スタンフォード式 最高の睡眠

スタンフォード式 最高の睡眠