洗濯物はたたまない ミニマリストがあえて増やしたモノ

f:id:flowerwell3t:20180904132510j:plain

 

みなさんこんにちは。

洗濯物は好きですか?

私は大嫌いです(もうすぐ嫁になるのに)

 

早く、完全自動の洗濯・乾燥・たたみ・アイロンが全部できるロボットが安く買えるようになりたい。。。

 

というわけで、今日は洗濯の時短ワザをご紹介します。

ミニマリスト界隈では割と有名な方法です。

 

 

この記事の要旨

f:id:flowerwell3t:20180904132526j:plain

洗濯の手間を減らしたい、を目的に

ハンガーを増やして、あえてたたまずに収納する方法を行います。

 

 

洗濯物にかかる時間

f:id:flowerwell3t:20180904132531j:plain

洗濯物にかかる時間は1枚につき40秒程度と言われています。

これはあくまで一例ですが、仮に20枚だと13分、収納に7分かかります。

また、加えて取り出し作業に5分かかるとします。

 

ここまでで25分(洗濯機を回す時間は除きます)

 

1日1回洗濯するとして年間152時間。(時給2000円なら約30万円分)

これをミニマルにしてみましょう。

 

実践・ハンガー収納

f:id:flowerwell3t:20180904132536j:plain

その方法がハンガー収納です。(正式名称は不明)

 

ハンガーで干した洗濯物を、乾いたらそのままクローゼットにかける

 

ただそれだけです。

加えて、私の場合は左端から順番に並べるようにかけます。

 

おそらく、コートやスーツなんかは皆さんこの方法でされていますよね?

それを他の服にも適用します。

 

ハンガーにかかっているものに関しては、たたむ時間は0分。収納すら数秒です。

 

さらに、順番にかけることで視認性も良くなる(見える化できる)ので、取り出しにかかる時間も無くなります。

 

プラスαの効果

f:id:flowerwell3t:20180904132540j:plain

実際は、服が多い人にはやりづらい方法だと思うのですが、

あえて一度チャレンジしてほしいと思います。

 

というのも、プラスαの効果があります。

それは、着る服と着ない服がはっきりするということです。

 

左側から順番に並べるので、基本的には左側からとって着ていくわけですが、そうすると着ない服はどんどん左に取り残されていきます。

見える化することで、実はいらない服というのが明らかになるのですね。

 

断捨離の手段として有効だということです。

 

もう1つの効果が、収納ボックスを減らせることです。

基本的にハンガーに掛けっぱなしなので、ボックスが不要です。下着や、衣替え品の分だけで良くなるのではないでしょうか。

 

他にも、たたまないので、変な折り目がつかないとかも地味に嬉しい効果もあります。私たたむの下手なんで。。。

 

まとめ

f:id:flowerwell3t:20180904135107j:plain

というわけで、たたむという手間を減らすために、あえてハンガーを増やしてみました。

モノを減らす一つ覚えではなく、モノが増えても快適なら良いと思います。

お試しあれ♫

 

 

 滑らない、省スペースのハンガーも色々あります。