作業療法士って何者? 誰にでも超わかりやすく作業療法士を語ってみた

 

作業療法士って何者?

f:id:flowerwell3t:20180827220813j:plain

みなさんこんにちは。

実は作業療法士(OT)のハルです。

タイトルにはでかでかと書いていますが、記事はほぼありません笑

さてそんな中、昨日のことですが、フォロワーのしみしょーさんとの会話で、作業療法士の認知度が低いのが気になるというお話をしていました。

 

 

 

実はこれその通りで、作業療法士はとにかく認知度が低いのです。

『作業療法士』と検索すると、まず『理学療法士との違い』が出て来ます。

今日は、とにかく謎の存在、作業療法士について語ってみようと思います。

あくまで私見ですので、異論はあると思いますが。 

 

 

世間の認識はわかりにくい存在

f:id:flowerwell3t:20180827220820j:plain

作業療法士の、世間からの認識はとにかくまずリハビリの人。

そしてリハビリといえば、ベッド上でのマッサージや筋トレ、歩行訓練という理学療法士的なイメージが定着しています。

 

さらに悲しいのは医者や看護師、介護士ら医療福祉職のチームメイトでさえ、そういう認識を持たれている方が多いという現実です。

 

そしてこれが1番致命的なことですが、作業療法士の中にもうまく説明できない方が多数いらっしゃいます。

 

作業療法士は、リハビリテーションにおいてあらゆる領域に対して治療を行えるのはずの職種なのですが、なんでもできるがゆえに、『ベッド上のトレーニング』と行ったような『型』を見せられないでいるのではないでしょうか?

 

 

私の考える作業療法士

f:id:flowerwell3t:20180827220826j:plain

私にとって、作業療法士は『理想の生活』をプロデュースする存在であると定義します。(マネジメントやコーディネイトと言い換えても良いかと思います)

 

怪我や病気を追い、生活に支障ができた人に対して、その方が望む『こういう生活がしたい』を実現させるための努力を行います。

もちろん、完治できればいうことはありませんが、実際には大半の方は後遺症が残ります。その後遺症と付き合いながらも、理想の生活に近づけるのが作業療法士の腕の見せ所となります。

 

例えば、同じ脳梗塞になった方が2人いるとします。

その2人は、違う人間で、違う生活を送って来たな方々ので、理想とする生活は異なります。限られた状況の中で、それぞれに合った、快適な生活を演出できるかどうか、ここがポイントです。

 

その手段として、作業療法士は身体的なトレーニングに限らず、精神的なアプローチ(思考の変換、コーチングなど)、環境の調整、生活スタイルの変化、支援者のサポートなどありとあらゆるものを活用・駆使してアプローチを行います。

 

 

なんでもできる

f:id:flowerwell3t:20180827220832j:plain

あらゆる手段というのを例示します。

 

例えば、『歩けなくなって買い物に行けなくなった人』 に対して、歩けるようになるようにトレーニングは当然行います。

 

ただし、『買い物をする』という目的に対して、歩行は1つの手段でしかありません。

歩行ができれば1番、でもできなかったとしても『買い物をしたい』という生活のためにあらゆる手段②〜④を検討するのです。

 

その時に、基準となるのがその方の望む生活です。

『実際にスーパーに出向いて買い物したい』

『生活に必要なものだけ手に入ればいい』

買い物に対する意識も人によって様々です。

極論、買い物に興味が無い方で、ほかに優先する活動があるなら、買い物は家族やヘルパーに任せて、トレーニング自体をしないということも選択肢となるのです。(その分は優先するべきものに比重をかける)

 

リハビリ職の中で、これだけ多岐にわたる手段が取れるのは作業療法士だけです。

職種としては大変優れてると言えるでしょう。

しかしそこはコインの表裏。治療を行う対象者に対して、これだけ多岐にわたる手段を用いるため、イメージが湧きにくいのもやむなし、と言ったところでしょうか。

同じ人がいない以上、同じアプローチは存在しないわけなので。

 

 

作業療法士の今後

f:id:flowerwell3t:20180827220837j:plain

とはいえ、これは作業療法士の今後において、危険な状態であることには違いがありません。うまく説明できない、発信できないというのは自らの身分を証明できないことに他ならないからです。

 

また、多岐にわたる治療手段が選択できるがゆえに、治療の質は作業療法士個人の能力に大きく依存します。現状は一部の努力をしているスペシャルな作業療法士のおかげで、なんとか身分を維持できている状態です。(個人的な印象では、3:7くらいのイメージ)

 

今はまだ、なんとか存在を認められていますが、このままではいずれ作業療法士は衰退していくかもしれません。

よくわからないものに対してお金を払いたい方はいないのです。

私たち作業療法士は、最低でも自分たちが何のものかを明確に説明できなくてはいけません。

とにかく発信して、とにかくアピールして、治療をして成果を残して。

作業療法士が社会の役に立つものとして認識され続けるよう、努力する必要があります。

 

 

まとめ

f:id:flowerwell3t:20180827220840j:plain

作業療法士は『理想の生活』のプロデューサー。

リハビリ手段を数多く持つ万能な職種です。

課題は、イメージをうまく説明できる現職者が少ないこと。発信やアピールの不足。

作業療法士の認知度を上げないと未来は無い。

そのためには、とにかく発信、とにかくアピール、とにかく成果を残す。

 

 

少なくとも団体レベルでは、すでに何年も前から危機感を覚えて活動しています。

その1つで、作業療法の定義が今年(2018年)ついに改定されました。

随分わかりやすくなったと思います。

現職の方で、これを知らない人がいたら、とても恥ずかしいことなのでぜひ覚えておいてください。

学生さんは、しっかりと見ていますよ!

www.jaot.or.jp

 

以上、作業療法士を私なりに語ってみました。

個人的には、芸能界やメディアにどんどん露出する人が増えて欲しいです。

医療ドラマに出ている理学療法士さんは格好いいですからね。

作業療法士がドラマになって、福士蒼汰くんが演じてくれたら爆発しそうだなーなんて妄想してます。