多機能製品を使いこなせ 〜ミニマリストへの道〜 

みなさんこんにちは。

ミニマリストOTのハルです。

 

最近、色々なブログを見学させていただいているのですが、みなさんやっぱり素敵なデザインで作られていますね。

私自身は、まずは毎日1記事を書こう、とただ書いているだけなのですが、

いずれ何か私なりの色を出したいなー、と考えています。

 

なので、今日は少しいつもと変えてみました。

実験その1、ブログもミニマリストらしくシンプルに

 

ミニマリストへ近づくためのエッセンスを、簡単にお伝えできればと思います。

 

 

  

 

 

1.ミニマリストデビュー! 実は多機能製品がオススメです

f:id:flowerwell3t:20180830132935j:plain

ミニマリストといえば、みなさんどのようなイメージでしょうか。

 

 

2.ミニマリストとは

f:id:flowerwell3t:20180830132952j:plain

なるべくシンプルに説明してみました。

持たない暮らし、を体現する哲学的な要素を含んだ言葉ですね。

中には洗濯機や冷蔵庫、テレビなどおおよそ現代の生活においてほぼ全員が所持しているものすら断っているツワモノもいます。

一方で、自らの好きなものを大量に所持する方もいます。

あくまで、好きなものを追求する生き方、がベースにあると私は考えています。

 

 

3.物を減らすメリット

f:id:flowerwell3t:20180830133002j:plain

物を所持することには、複数のコストがかかります。

まずは購入にかかる金銭コスト、そして維持管理にかかる金銭コストです。

車を例に説明します。

例えば、購入に200万かかるとします。ローンを組まない場合は、一括で支払うわけですが、ランニングコストが全くかからない訳ではありません。

ガソリン代、駐車場代、車検代、任意保険代、洗車や修理にかかる費用ですね。

車を所持しない人は、これらが全くかかりません。

物を所持するとお金がかかるのです。

そしてもう一つが、時間のコスト。

金銭だけではなく、時間も制約を受けます。洗車や車検など上記にあげたものは、所持する人が時間を使って行動をしなければいけません。

 

今回は車を例にあげましたが、全てのものになんらかのコストがかかるのです。

あるものは洗ったり、手入れをしなければいけないし、しまう場所を用意したりしなければなりません。

物が多いほど、コストは増えるわけです。

 

物が少ないミニマリストになると、これらのコストが減る、無くなります。

その結果、それらに向けていた労力や意識を、自由にすることができます。

気持ちに余裕ができ、好きなことに費やすスペースが増えます。

 

車を捨てようとか、なんでも捨てようという訳ではありません。

ミニマリストは自分にとって無駄なものを捨て、その空いたスペースを好きなものに費やすことを信条に考えます。

 

 

4.多機能製品とは

f:id:flowerwell3t:20180830133016j:plain

さて、物を減らしすにはどうしたら良いでしょうか。

一番は物を捨ててしまうことですが、そうもいかないことがあると思います。

私の場合は、多機能製品を使うことで、所持するものを減らすことに成功しました。

その名の通り、多機能製品は1つで複数の役割を担うものです。

 

 

5.多機能製品のメリット

f:id:flowerwell3t:20180830133029j:plain

多機能製品のメリットはズバリ、複数の物を一つにまとめること。

1つで2役なら1つ。1つで3役なら2つの物を減らすことができます。

 

 

単機能製品(専用品)は、特化した使いやすさなど魅力もあります。

料理が大好きな人であれば、牛刀や魚専用の包丁など、専用品を多数揃えるのは素敵なことです。

しかし、大体の家庭では万能包丁が1本あれば事足りるのではないでしょうか。

ライフスタイルにおいて優先度が高くないのであれば、私は減らすメリットが勝ると考えます。

 

 

5.まとめ

f:id:flowerwell3t:20180830133042j:plain

いかがだったでしょうか。

ミニマリストという生き方(もしくは要素)は持ち物を減らすことで、余裕が生み出し、それを好きなことに追求する生き方です。

物を減らすための1つとして、多機能製品をうまく活用することを提案しました。

 

科学が進歩し、世の中のニーズも相待って、どんどんと便利なものが出てきてます。

1つでなんでもできるといえば、スマートフォンもそうですね。以前は電話とパソコンやその他が必要だったことがひとつでできるようになっています。

 

今後は、私のであってきた多機能製品を紹介していけたら良いな、と考えています。

 

ミニマリストは生き方の1つなので、他人に強制するものではありません。

しかし、私はこの生き方に触れて、毎日とても楽しく暮らせるようになりました。

みなさまも、興味がありましたら是非、取り組んで見てください。