ファッション×ミニマリスト

皆さんこんにちは。ミニマリスト作業療法士のハルです。

 

ブログのデザインとテーマを少し変えてみました。

まだ試行錯誤の段階なので、これからも少しずつ変わっていくと思います。

 

本日のテーマは、ファッションに関してです。

 

・服を選ぶときに、何を基準に決めていますか?

・服を減らすと基準が見える

・服が少ないメリット

・服が少ないデメリット

・服を整えて、生活を快適にしよう。

 

 

①服を選ぶときに、何を基準に決めていますか?

 

服の決め方は、十人十色。

流行りの加減はありますが、同じ服装をしている人はまずいません。

まさに千差万別。

 

色、模様、素材、肌触り、格好良さ?

パンツ、スカート、スーツ、ジャージ?

 

以前の私は、とにかくいろんな種類の服をたくさん持っていました。

気に入った服は片っ端から買ったし、両親や友達からの頂き物もありました。

タンスはほとんど埋まっていたし、クローゼットもいっぱい。

服がたくさんあることが正義だと感じていました。

実際には、ほとんど着ないのにも関わらず。

 

そう、私には服を選ぶ基準がなかったのです。

 

 

②服を減らすと基準が見える。

 

そんな服が溢れかえっていた私に転機が現れます。

強制断捨離イベント・THE引越しです。

お仕事の都合でしたが、今まで住んでいたところと比べて圧倒的に収納の少ない部屋に引っ越すことになりました。

ここで、私は服を捨てる作業に迫られたのです。

どうみても8割以上捨てないといけない。。。

 

苦渋の決断でしたが、引越しの期間も無かったので理詰めで選ぶことにしました。

 

1.職場の制服 :絶対必要。お仕事だもの。

2.通勤で着る服:シンプルなシャツとパンツだけ。

3.家で着る服 :部屋着(とりあえず春夏、冬は今は不要)

4.プライベートで着る服:4着が限界。

 

もう、とにかく少なくて、これで生活できるか不安でしたが、やるしかありません。

お金が貯まったら、大きな部屋に住もうと心に誓い、生活しました。

 

感想:意外といける。

 

仕事がいそがしく、会社ー帰宅ー寝るのローテを繰り返す私には、4プライベート服を着るタイミングが無くなったのです。社畜です。

実は残りの服は、一時実家に避難させるという保険まで打っていたのですが、最終的には4番含め、処分することになりました。

 

自らの意思で減らしたとは到底言えませんが、曲がりなりにも基準ができました。

 

 

③服が少ないメリット

 

1.時間と手間の節約、消耗から解放される。

服が少ないということは、コーディネートに時間がかからなくなります。

毎日同じ種類の服を着るので、「選ぶ」に費やす時間や手間を無くすことが出来ます。

実はこれ、結構なメリットです。

 

悩んだ挙句に、いざ外出してから失敗したな〜。なんてこと経験ありませんか?

 

また、選択肢が多ければ多いほど、人は幸福度が下がる。という研究もあります。

つまり、あっちにしておけば良かったかな?

と別の選択肢が気になってしまうのですね。

たとえ正しい選択をしていたとしても、失敗した気になる可能性があるのです。

 

2.常に、好きな服が着れる。

どんなお気に入りの服でも、10種類あれば、1番から10番までの順位がついてしまいます。

たくさん服があるということは、1番の日があれば、10番の日もあるということになります。

これは私の実体験ですが、いっぱい買っていた服が、実は同じ色ばかりだったとか、似たような服ばかりだったとか。

しかもそれにもかかわらず、結局同じ服ばかり着ていたとか。

それなら、厳選に厳選を重ねたお気に入りの服を常に着れるって、よくないですか?

 

3.お金がかからない。

読んで字のごとく、衣服代が大幅に削減できました。

傷んだら、買い足す。実にシンプルな構造です。

ピーク時には年間30万以上使っていた洋服代は、今や年2万以下です。

また逆に、着る服が厳選されるので、1着にかける金額を多くすることもできます。

ブランド物や質の良いものを選ぶ事も出来ますね。

私は節約を選びましたが、この辺りはお好みで良いと思います。

 

 

④デメリット、注意点

 

1.服が痛むのが早い

当然ですがヘビーローテになるので、痛みやすいです。

私は着数をうまくコントロールして緩和していますが、絶対的に痛むのが早いです。

 

2.変化をつけるのに一苦労

同じ服なので、変化がつけにくいです。

飽きっぽい方は、そもそも耐えられない可能性もあります。

対策は、小物ですね。

マフラーとか、キャップとか、小物や着こなしで変化がつけられれば、むしろオシャレさんです。

同じ服で、いかに変化を出すか考える。

それもまた楽しいかもしれません。

 

3.いつも同じ服を着ているね、と言われる。

最初は若干キツイです。今は慣れましたが。

清潔感を常に出しておかないと、ひどい時には洗濯してるの?

なんて疑問を持たれる可能性もあります。ご注意を。

私の場合は「この服、お気に入りなんで、いっぱい持ってるんです!」と言います。

 

 

⑤ファッション×ミニマリスト×まとめ

いかがだったでしょうか?

 

ミニマリストは単に服を減らすのではなく、自分の好きなものだけを残す技術です。

 

その過程の中で、自分の好みやライフスタイルを見定めることができます。

服を何着以下に決める必要はないですし、自分なりの基準を決めれば良いと思います。

 

皆さんも服を整えて快適な生活を送ってみませんか?